amazon

最近のトラックバック

amazon

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 活動量計 UP24 by Jawbone | トップページ | GoProのローターマウントを自作してみた »

2014年10月 4日 (土)

UP by Jawboneと他アプリの連携

活動量計 UP24はいわゆる万歩計です。
スマートフォンの管理アプリに情報を送信し、その人の睡眠や活動量を蓄積・分析します。
自分で入力する必要がありますが、食事を記録する事で摂取カロリーと消費カロリーの収支をつける事も出来ます。
さらに面白い機能として他アプリとの連携があります。

今回はその辺を。

僕がUPアプリと連携させているのは下の二つです。

strava

https://itunes.apple.com/jp/app/ifttt/id660944635?mt=8">IFTTT


まずはstravaですが、これは自転車やランニングの記録を取る為のアプリです。
ロード乗ってるわけじゃないし、プレイバイク系だから記録取ってもなー、と思ってスルーしていましたw
使ってみると中々楽しい。
走った時の速度や高度が分かったり、マップにルートを表示したり出来ます。
アプリ内のSNS機能で記録を見せ合ったりも。
このデータをUPアプリのフィードに表示する事ができます。


こんな感じ。

これでUP24リストバンドの方でストップウォッチモードにしなくてもフィードにワークアウトの記録が載ります。
面白い機能として、stravaを使ってる他の人と一緒に行動すると自動で一緒に走った人としてタグ付けされたり、誰かが走った区間を自分が走るとランキングに参加させられたりしますw
心拍計を繋いでより詳細な分析を行ったりも出来ます。


もう一つのIFTTTは「○○が△△したら□□する」みたいに何か条件を設定し、その条件を満たしたら何かをする、と言う動作を自動化するアプリです。
僕は取り敢えず日に1万歩歩いたらTweetする様に設定しています。
UPリストバンドを睡眠モードにしたら「おやすみ」とTweetする様にしたり、起床したら「おはよう」とTweetしたりも出来ます。
私生活ダダ漏れですね!

僕は使っていませんが、データをスマートフォンに自動送信する体重計のデータもそのままUPアプリに持って来れるので日々の記録をつける手間が省けますね。

前々からこう言うの興味はありましたが、いちいちデータをつけるのが面倒で手を出しませんでしたw
最近はほぼアプリを開くだけで記録が取られるのですごく便利です。
これなら続けて行けそう!

« 活動量計 UP24 by Jawbone | トップページ | GoProのローターマウントを自作してみた »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626974/57573984

この記事へのトラックバック一覧です: UP by Jawboneと他アプリの連携:

« 活動量計 UP24 by Jawbone | トップページ | GoProのローターマウントを自作してみた »