amazon

最近のトラックバック

amazon

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 交通事故 | トップページ | UP by Jawboneと他アプリの連携 »

2014年9月22日 (月)

活動量計 UP24 by Jawbone

最近Apple Watchが発表されましたね。
スマートフォンと連携させ、健康状況やどれくらい運動をしたのかを記録する流行の兆しが見えてきました。
その流行に乗っかるわけじゃないですが、僕もその手のガジェットを購入して見ました。
1ヶ月程使用してみたのでレビューをば。



これ買いました。

UP24 by Jawbone
旧型UPは有線接続でしたが、こちらはBluetoothによる無線接続です。
よりお手軽にログを見ることができます。
なんたってアプリ開いたら自動的にデータを取り込んで表示してくれますからね。
手間がかからなくていい感じ。

何ができるのか?

要は万歩計です。
睡眠の状態も把握できて、自分で入力すれば摂取カロリーも記録する事が出来ます。

他には・・・
・眠りが浅い時間を狙ってUP24本体が振動することで目覚ましになるスマートアラーム
・一定時間動きが無いと振動して「動け!」と知らせてくれるアイドルアラート
・「これから運動するよ!」とアクティビティを記録するストップウォッチモード
・仮眠を取るときに深い眠りに入る前に起こしてくれるパワーナップ
・そろそろ運動しないと今日中に目標に達しないよ、と教えてくれるアクティビティアラート
・リマインダ機能(睡眠の準備をしなさい、とか

等の機能があります。
なお、UP24は旧型UPと違って睡眠の状態を記録するモードに入れ忘れても後から設定し直すことが可能です。
睡眠モードと通常モードの違いはデータの解像度です。
睡眠時は1分ごとで、通常モードは5分毎の記録。
そんなに厳密でなくていいのであれば毎回睡眠モードにする必要もないかもしれませんね。

SNS的な機能も持っていて、フォローしている人同士でアクテビティの記録を見せ合ったりもできます。

その他、多数の連携アプリも充実しています。
僕は一応自転車をやっているのでSTRAVAと言うアプリと連携させています。
サイクリングの記録がUPアプリのフィードに自動的に投稿され、消費カロリーや運動時間等が確認できます。(これらについては後日書きます

で、使い始めて何が変わったか?

何も変わってません。

思ったより毎日そこそこ動いていました・・これなら、まぁいいかな、とw

他の活動量計とUPとの違いとして、他社製品は「運動を促す」製品なのに対してUPは「生活を記録し、改善の参考にする」製品だと思います。
例えばNIKEのFUELBANDは本体の画面に現在の運動量や目標に対する達成度がリアルタイムに表示されます。
これを見て「あ、もうちょっと頑張らないと」とかいう気分になるんだと思います。
また、ゲームのポイントの様にNikeFuelが溜まっていくのも面白い所。
それに対してUPは「今日一日どうだったのかな?」「昨夜はあまり深く眠れてないな」みたいに振り返って「じゃあ、どうしようか」と考えさせてくれる仕組み。
管理アプリからもその人に向けた適切なアドバイス(時にはお叱り)が表示され、「より良い生活」を促す方向だと言えます。
本格的なスポーツのトラッカーとして使えないかというとそうではなく、豊富な連携アプリがカバーしてくれるのでその辺もバッチリです。
画面が無いのでガジェット好きにはちょっと物足りない製品かもしれませんが、その分電池が長持ち(ファームアップデートで最大14日持つ様に)だったりデバイスそのものがスリムに出来ていたりと良いところもあります。

以上、1ヶ月ちょい使ってみた雑感等を書いてみました。
次回はUPアプリに連携させているSTRAVAについて書こうと思います。

« 交通事故 | トップページ | UP by Jawboneと他アプリの連携 »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626974/57461333

この記事へのトラックバック一覧です: 活動量計 UP24 by Jawbone:

« 交通事故 | トップページ | UP by Jawboneと他アプリの連携 »