amazon

最近のトラックバック

amazon

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« レーザー照射テールランプ | トップページ | DMR 898 ブレーキ交換 »

2014年3月26日 (水)

New bike!!!

フレーム自体はだいぶ前に入手していましたが、先日やっと組みあがりました。


フレーム:CURTIS SUPER X(カーティス スーパークロス)
ハンドル:EASTON HAVOC DH アルミ ライザーバー(幅750mm/31.8/30mmライズ)
ステム:Funn SOLJAM
ヘッドセット:クリスキング(トールタイプのペースプレート使用)
シフター:SRAM ロケット9S
フォーク:RockShox PIKE TEAM
ブレーキレバー:shimanoの安いの
F・Rハブ:ハドレー/マグラ
リム:Mavic D321CDリム
タイヤ:マキシス アーデント
クランク:shimano FC-M760
チェーンデバイス:GAMUT
Rディレイラー:XT
ペダル:クロニックデライト
シート:TIOGA マルチコントロールXCニコラ・ヴィヨズエディションドライ
グリップ:ODIラフィアン(ロックオン)


殆どが手持ちのパーツですが、組み上げるのに色々苦労しました。
詳細は以下より。

ヘッドパーツ圧入工具を自作してみました。
何台か組んでいるので圧入工具買った方がいいかなーと思いましたが、やっぱり高価です。
お店でやってもらってもいいけど、工賃それなりにかかるからなぁ・・と思っていたらWEBで工具を自作している人がいたのでそれを参考に。
数百円でそれらしいものが出来ました。

無事圧入完了。

と、ここでトラブルその1


フォークの調整ダイヤルがダウンチューブと鑑賞

RockShox PIKEみたいに少しゴツいフォークは幅も有るしクラウン上に様々な調整ダイヤルがあるので鑑賞し易いです。
最近のフレームは↓みたいにダウンチューブを曲げて逃がしているので大丈夫なんですけどね。

クリスキングから厚みのある下玉押しが出ているのでそれで対策できます。


5mm程度オフセットされるので、ヘッドアングルが若干寝ますがなんとか解決。
その為に一度組み付けたヘッドパーツを外して改めてクリスキングのヘッドパーツをインストール。

クランクにちょっと古いXTを採用。
と、こでトラブルその2。

バッシュガードがスパイダーアームと干渉。
これは良くあることなので想定の範囲内。
ヤスリで干渉する部分を削って解決。

ハブはFハドレー/Rマグラ。
ハドレーのハブはどうやら古い規格の様で、ローターとハブの間に3mmのスペーサーが必要でした。(旧マグラ規格?
6インチの適当なローターが無かったので、REIGNで使ってた8インチローターをそのまま使おうとしたところでトラブルその3。
リア用の8インチアダプターがデカすぎてフレームの溶接部と干渉して取り付け出来ず。

ストックのパーツを漁ったら貰い物のアリゲーターの6インチが出て来ました。

Tさん、どうもアリゲーターございました。
F8インチ/R6インチの構成になりました。
このローター、ウェーブローターなのに面取りしてて意味あるのだろうか・・


このフレームはT45と言う材質でできています。
車のロールバー等に使われる鉄系の合金だそうです。
自転車用のパイプではないので、対応シートピラーが30.0と言うちょっと変わったサイズ。
公式サイトによると、30.0→27.2のシムつけとくよ!との事でしたが、なぜかついていたのは29.0・・・
おかげでシートクランプを満身の力を込めて締め込んでもサドルが固定されません。<トラブルその4
しかも、30.0のシムがうまく入らない様です。

たまたま手持ちで0.3mm厚の真鍮の板を持っていたので、それを丸めて押し込んだら良い感じに固定されました。

大丈夫かなコレ

そんなこんなで漸く完成しました。
ちょい乗りしてみた感じでは恐ろしく硬いフレームだなって印象。
バンクに当て込んだ時のレスポンスが楽しみです。
リアセンターは425mmと、少し長めですね。
普段乗ってるDMRが390mm弱だからなおさら長く感じます。

この頃流行り(らしい)低くて幅が広いハンドルにしてみたらフロントが上げにくくて焦りました。
あと、バースピン出来ません。

フロントフォークのストロークを120mmにしてやると今のところ良い感じになりました。
セッティング大事ですね。

お気に入りパーツのSRAM製トリガーシフター。

インジケーターがバンド内に収まっており、ブレーキレバーより外側に取り付けが可能です。
ブレーキレバーの端っこを人差し指一本で握るので、ブレーキレバーより内側にシフターがあるとシフトの度にグリップを握り直さないといけませんが、このトリガーシフターなら握り直さなくても変速が可能!
さらに、shimanoと違って親指によるプッシュアンドプッシュなのでブレーキレバーから一切指を離さなくてもシフト出来ます。
まさに親指シフト(違
shimanoのリアメカ対応のモデルなのでshimanoのリアメカが使えます。
shimano対応のトリガーシフターって今は出てないのかな?
壊れたらどうしよう・・気に入ってるのに。

見た目重視でサドルはTIOGA マルチコントロールXCのニコラ・ヴィヨズエディション。

見た目重視のはずが色あせていてみすぼらしく成りました。

組むのにちょっと苦労しましたが、組み上がってみればかなり良い感じに仕上がりました。
はやくコースで走ってみたいです。

« レーザー照射テールランプ | トップページ | DMR 898 ブレーキ交換 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626974/55527574

この記事へのトラックバック一覧です: New bike!!!:

« レーザー照射テールランプ | トップページ | DMR 898 ブレーキ交換 »